【殿ヶ谷戸庭園】駅ビルの前に突如あらわれる静寂!歩いて2分の庭園撮影スポット

当サイトは広告を利用しています
  • URLをコピーしました!

殿ヶ谷戸庭園」は国分寺の駅前にある静かな日本庭園。

駅ビルにはたくさんの店が並び、ショッピングや食事を楽しむトコロなのに、その目の前にいきなり登場するワビサビの世界。

外からだと木が多いのと多目的広場が隣接しているので「フツーの公園でしょ?」と思いきや、ここは都立9庭園の一つで国指定名勝に指定されている美しい庭園。

普段は横目で見て通り抜けるの庭園を、実際に足を踏み入れてフォトウォークしてはいかが?

目次

大芝生をフレーミング

入園料¥150を払って最初に現れるのは、ものすごい開放感のある芝生。これは間違いなく広角向きでしょう。

立派なエノキがズンと構えていてかなり雄大な雰囲気に。さっきまでの駅前の喧騒がウソのよう。

小さい松がちょこちょこいるので可愛らしい絵を狙ってみるのも良さげ。

ちなみに平日だからなのかシーズンオフだからなのか、庭園にお客さんはほとんどいません。

これはマイペースでフォトウォークするのにもってこい。

ところどころに咲いていたアジサイ。撮影時は梅雨だったので、やっぱりいました。

わんさかと生い茂ってないトコロが、やっぱ庭園って感じですね。

竹林から次郎弁天池へ

芝生からぐるっと回って進むと竹林が迎えてくれます。

なかなか竹林て見る機会がないですケド、まさか都内の街中で見れるなんて。

これは余すことなく広角の縦撮りで収めてしまいましょう!

竹林を先に進むと涼しげな湧水が。

すべてをフレーミングするより、どこをカットするかが大事ですよ。

もう、苔と水ってだけで映えます。

湧水の隣は「次郎弁天池」という静かな池。

近くよりも俯瞰で写してあげると、真ん中の島が際立ちます。自然のライティングが絶妙なので、これは計算されているのかも。

茶室・紅葉亭を写す

殿ヶ谷戸庭園のメインスポット「紅葉亭」。茶会などのイベントに利用もできるようなので、趣が美しい。

ここは斜に構えずオーソドックスに行きたいところ。

裏手に回るとコレがまたイイ雰囲気ッ!

昔の民家の玄関みたいで今となってはかなりフォトジェニック。

薄暗くなってから灯る照明もなんだか味のあるオブジェに。

Lightroom等の現像アプリで周辺露光を暗めにしてあげれば、なかなか異空間っぽさが出てオモシロくなりますよ。

まとめ

調査結果

行きやすさ
撮りやすさ
被写体の多さ
殿ヶ谷戸庭園
総合評価
( 3 )
メリット
  • マイペースに撮れる
  • フォトウォークデビューにもってこい
  • レンズの種類は問わない
デメリット
  • ほぼ人がいない
  • ワビサビすぎて寂しい

マイペースにゆっくり回るのに適してます。

旧古河庭園や清澄庭園のように主題のあるスポットではありません。ただ、静かな箱庭といった空間はカメラの練習にはもってこいです。

お客さんも少ないのでガッツリ構えていても邪魔になりにくいのは一眼ユーザーには嬉しいところ。

24-120mmのようなやや広角でなくても、標準レンズでよくある18-55mm(APS-C)でも充分フレーミング可能です。マクロがあってもオモシロかったかな。

手始めのフォトウォークにはベストな場所ですよ。

アクセス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次