【野山北・六道山公園(展望台編)】フィルムっぽさに最適!鮮やかさも渋さも楽しむフォトトレッキングならココ!

フィルムシミュレーション向き
  • フィルター機能がオススメ
  • やや広角向き
  • フォトウォークだけも可

都内の住宅地にある本格的な里山として
ハイキングやトレイルライドに人気の「野山北・六道山公園」。

ほどよい低山っぽさで
フォトトレッキングのプレ体験にもちょうど良く、
まずは足腰を慣らしてから、という人にオススメのスポット。

前回の【野山北・六道山公園】トレイルライドに最適!フォトウォークよりフォトトレッキングな撮影スポット!では里山民家からほんのちょっと進んだだけで断念してましたが、
今回は奥の方まで進んでみます!

さて、なにが撮れるかな!?

 
里山
展望台
屋上
previous arrow
next arrow
Shadow

クエスト開始

APS-Cカメラで撮影

created by Rinker
¥267,198 (2021/08/01 13:40:54時点 楽天市場調べ-詳細)

里山は鮮やかに

基本はハイキングコースなだけあって
とても歩きやすい。

目立った被写体はないけども
カメラを縦撮りにしてあげればイイ感じに。

こういう分岐点では
明るい道を選びがち…

でもトレッキングっぽさなら
森の中に突き進むのが正解!

うっそうとした森の中でも
ちょっと見上げて撮ってあげれば
立派な被写体に。

この暗さがいいんです。

山道を抜けると
じゃり道が出てきます。

じつはここはトレイルライドのコース。

MTBで突き抜けていく人に何度か出会いました。
GoProつけて撮影するのにももってこい!

いくつか休憩所も点在してます。

こういうところで編集するのも悪くないね。
虫除け必須だろうけど。

舗装された道を進むと
なにやら里山とは違う建造物が出てきました。

いきなりの塔!

ここが六道山公園のランドマークな展望台。
チェスのルークというかドラクエの塔アイコンというか…

なんにせよ緑と茶色のコントラストが
鮮やかに映えてますな〜

展望台は銀残し

建造物は彩度を落として撮ると
なかなか味が出てきます。

コントラストが映えると言った早々、この仕打ち。

入るのをためらうような
アヤシイ雰囲気。

もっとアングラ感を出していきます。

塔の上にはなにが…!

な感じ。

虫がブンブンしてたら
もっとよい。

昼だから無理。

はい、最上階はイイ眺め。

展望台だからね。

ここは素直に彩度高めでいきましょう。

立川方面の空。
昭和記念公園はあのへんかな。

最後は下から見上げで一枚。

木々をフレームインさせると
絵的に整うよ。

まとめ

六道山公園(展望台編)の評価
行きやすさ
(4.0)
撮りやすさ
(4.0)
被写体の多さ
(2.0)
総合評価
(3.0)

全体的に彩度のコントロールがカギです。

里山部分は鮮やかにすると樹々が映えて魅力的になります。
変に狙った写真よりかはストレートに写すのがベター。

展望台はむしろ彩度を下げてイジってあげるくらいがちょうどいいです。
フツーに撮ってアートとして仕上げるのは難易度が高いので
おとなしくフィルター設定を使いましょう。

フォトトレッキングであれば里山民家から歩きで、
フォトウォークであれば展望台からスタート。

自分にあったスタイルで
挑んでみてくださいね。

◆関連クエスト【野山北・六道山公園】トレイルライドに最適!フォトウォークよりフォトトレッキングな撮影スポット!

アクセス

フォトトレッキングならここからスタート。
駐車場はかなり広いのでおすすめ。
ただこの駐車場への道が極端に狭いから
運転には注意しましょう。

フォトウォークならここからスタート。
目の前が展望台なので速写にもってこい。
ハイキング部分をカットしたい人向き。