企画「中央線ロケハンの旅」スタート

カタチから入るのは正しい。道具やユニフォームを揃えると、それだけでも気分が高揚するでしょ?

カメラ散歩を楽しむなら、まずは一眼カメラを入手しよう。

「iPhoneでも撮れるじゃん」

ってそうなんだけど、
これはテニスのラケットとか釣竿とかと一緒で道具を揃えるってコト。

日常的ではない特別感を出し、スポーツに取り組むように気持ちをシフトする。

釣りだって棒にテグスと針つければ釣るのは不可能じゃない。

でも
ちゃんと竿を選んで
テグスも針も選んで
ルアー釣りなのか渓流釣りなのかでもアイテムも変わってくるし、

なにより集めていくのがオモシロイ。

魚を釣り上げるのが目的のではなく、フィッシングを楽しむ行程を味わうのが最大の目的のはず。

だって「漁」をするんじゃないから。

カメラ散歩も撮影スポット探索そのものを味わって楽しむのが目的のはず。

業務で納品する写真を撮るのではないのだ。

なのでプロやハイアマチュア向けのすんごい機種はいらないから、ビギナー向けでもいいのでキチンとした一眼カメラを買ってみよう。

グッズを揃えていくのってオモシロイしワクワクするでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。