【昭和記念公園(40周年編)】園内で踏切と線路が撮れる!JR東日本コラボのレアな被写体を楽しもう

当サイトは広告を利用しています
  • URLをコピーしました!

2023年で開園40周年を迎える昭和記念公園。

その記念としてJR東日本とのコラボ撮影スポットが出現することに。

ただでさえ被写体に困らない昭和記念公園なのに、追い打ちをかけるが如く(いい意味で)映えなモノが追加されていてフォトグラファーじゃなくても興奮できること間違いなし!

JR東日本コラボは2024年の春頃まで行うみたいです

こんな機会はめったにないので、カメラでもスマホでもいいから激写しに行っちゃいましょう。

目次

まずは「足」を確保しよう

さてエントランスから目的地へ突っ走りたくなるとこですが、ちょっと待って。

JRコラボがあるのは公園中腹の「みんなの原っぱ」と最北部の「花の丘」。立川方面から来ると目的地まではかなりの距離。ここはムダな体力を使わないように自転車を借りましょう!

レンタサイクルは立川口・西立川口ともに入口近くにあります(3時間:¥600)

あるいは園内を走っているパークトレインを使うのもあり。

見た目もかわいらしいデザインで、しかもコラボ期間中はヘッドマークも特別仕様とのこと。最初の被写体としてもいいかも。

帰りのことも考えて一日フリーパス券がオススメ(¥600)

イマしか見れない駅名標を写す

最初に訪れてほしいのが花の丘

「こもれびの里」の目の前に広がる映えスポットなんですが、ここに駅名標が設置されてます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次