企画「中央線ロケハンの旅」スタート

妥協なんかしないで一番欲しいモノをゲットしよう!

1000円するダイスキなモノを、
500円のモノで代替え可能なら、します?

それが同クオリティなら
コスパも良くなるしイイことずくめ。

でも、
それが品質の下がる「妥協」だったら
どうだろう。

間違いなく失敗するでしょーね!

1000円するダイスキなモノを
似たような500円のヤツで代替えしたら、

確かに
費用は1/2になるけど、

それはもう
「1000円するダイスキなモノ」
ではない。

似て非なるもの、ってこのコト。

古酒の瑞泉が旨くてハマってるんですケド、
たまたまスーパーにあった
1100円くらいの泡盛で間に合わせたンです。

いや〜
瑞泉をペロッと飲み切っちゃってね。

その代替えの泡盛も
古酒の表記があったし、
なんかイイモノっぽく見えたので
買ったんすよ。

そしたらね…

やはり瑞泉古酒には
程遠い泡盛でした。

味の好みもあるンでしょーけど、
やはり妥協は良くない。

結局、
数日後に瑞泉古酒を買いましたよ。

はじめから瑞泉買ってれば、
余計なモノを買うコトも無かったんですよね。

これが、
「いろんな泡盛を試したい!」なら、
問題なかった。

イイのかワルイのか
好みなのか嫌いなのか、
飲み比べるのが目的だから。

でも、
一番欲しいのが決まっているなら、
「絶対に代替えなんか利かない」。

これはもう、原理。

欲しい!
と思ったモノは
唯一無二。

絶対に忘れちゃいけないね。

 


 

Instagramでロケハン写真を公開してます】

 

Twitterでもコンタクト可能です】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。