企画「中央線ロケハンの旅」スタート

Macで「RPGツクールMV」と「RPGツクール2000」が同時進行!OSを仮想化すれば作業がラクになるね。

昔、OSX10.5のときにBootcampで
Macの中にWindowsを入れたことが
ありましたが、
すごい面倒だったんですよ。

それが今では
仮想化ソフトを使えば
めっちゃラク!

すんなりと
Windows10が起動したモンだから
「ホントに合ってるのか?」
って疑っちゃいましたよ!

仮想化ソフト自体は古くからあるので
私が試してなかっただけなんですけどね。

知らない方に言っておくと、
macOSにはBootcampっていう
Windowsをインストールできる仕組みが
あるんですが、
起動時にmacOSかWindowsか
選ばないといけないんですよ。

同時進行できないので、
いちいち再起動しなきゃならんので
面倒ったらないの。

でも、
仮想化ソフトなら
macOSの中にWindowsを挿入するので、
アプリの様な扱い!
Windows用ソフトが
PagesとかGarageBandとかと
一緒に起動できるってこと!

ま、
目的は「RPGツクール2000」を
入れる事だったんですけどね。

なので、
ワタクシのMacには
「RPGツクールMV」と
「RPGツクール2000」が
同居してます。

*****

【用意したもの】
Parallels Desktop 12 (仮想化ソフト)
Windows10 Home
RPGツクール2000
外付BDドライブ

*****

ツクールMVは
もともとSteamでインストール済みなので
説明省略。

ツクール2000はCDROMなので
持っていた外付ドライブを使いました。

Mac対応を謳ってないドライブでしたが、
仮想Win10できちんと反応しましたヨ!
たまたまなのかな?

仮想化してるので
ツクールXPやVXでも平気でしょ。
私は無いけど。

歴代のツクールを使いたい為に
Macを諦めてる人がいたら、
諦める必要ないですぜ!

Bootcampはダルいけど
仮想化ソフトならラクチン!

ただ、公式にサポートされてない方法なので
うまくいかない場合があることを
知っておいてね。
ええ、責任はとりませんっ。

費用は

2万ちょっとくらいかな。

あとは
そこまでしてWinアプリをMacで使うか、
ってトコなので、
失敗も考慮に入れてお財布と相談して下され。

ま〜でも、
新旧ツクールがMacで同時進行できるのは
個人的にウハウハですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。