企画「中央線ロケハンの旅」スタート

自分の舌がマトモかどうかは、鍋スープを作ってみるとわかる。

鍋の季節ですよね。

野菜もたくさん摂れるし
お肉でも魚介類でもオイシイですが、

鍋スープって買ってます?

白菜買うよね。
豆腐買うよね。
ねぎ買うよね。
ニラ買うよね。
しいたけ買うよね。
肉買うよね。
えび買うよね。

で、

鍋スープ買うよね。

野菜とか肉とか魚介類は
素材で揃えるけど、

スープは出来合い。

市販の鍋スープは、
「造られた味」ですぜ?

ここまで素材をそろえたのなら、
スープも作った方が絶対にオイシイ。

*****

【和風出汁の鍋スープ】
・かつお節…10g
・昆布…10g
・お湯…1000ml

ボールに沸騰させたお湯を張り、
かつお節と昆布を入れて1分置く。

時間が経ったら、ザルで濾す。

・だし汁…1000ml (上記で作成)
・酒…25ml
・しょうゆ…50ml

混ぜて軽く一煮立ちさせて完成。

*****

これだけで
鍋スープはOK。

あとは野菜や肉魚の旨味で
ちゃんと鍋の味になります。

さて、
この鍋スープを味わって
アナタの舌は
どんな反応をするだろう。

「いい味」
だろうか。

「薄い」
だろうか。

後者であれば、
添加物や多量の塩分に
日頃から毒されてる可能性が高い。

どっちだったかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。