企画「中央線ロケハンの旅」スタート

やりたい事をやるためにサラリーマンになると、逆にやれなくなるという矛盾。

好きな分野の会社に就職すると、
結果的に好きな事はできません。

新入社員で入社して
しばらくは大丈夫でしょう。

ダイスキなその分野の仕事を
たっぷりと堪能できるはず。

でも、
時間が経って
ある程度ベテランになると、

管理職になります。

出世して行けば
避けては通れない管理職化。

最前線でやりたい仕事は出来なくなり、
「人の管理」
が、仕事になる。

もちろん、
出世しなければ現役のままいられるけど、
10年20年と勤めていって
それを拒むのも苦しくなるだけ。

ものすごい成績の
スーパー営業マンも、
出世すれば管理職になり現場から離れる。

世代交代と言ってしまえばそれまでだけど、
何を目的に入社したのか?
を突きつけられる事になる。

「出世してたくさん稼いでやる!」
が目的なら大丈夫だけど、
「やりたい仕事をずっとやる!」
が目的だと、
サラリーマンは無理がある。

てなわけで、
やりたい事をやりたい人は、
職人やクリエイターを育てたり
尊重してくれる会社でない限り、
サラリーマンはやめた方がいいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。