企画「中央線ロケハンの旅」スタート

去年と言ってることが違う方が、昔の自分と比べて成長している証。

一年前と比べて、
べつに一年じゃなくてもいいんだけど、
考え方が変わってる方が進歩してると思うんですよ。

よく、
「一本筋の通った男」
とか
「男に二言は無い」
とか、
一度決めたらまっすぐ突き進めって
考え方がありますけど、

ただの頑固者なんじゃね?

いや、
職人気質のガンコはいいんですけど、
同じ意見のままずっと変わらないのって
なんにも進歩も進化もしてないのでは?
って思うんですよ。

コロコロ意見が変わる人は
ダメな奴扱いされるけど、

じつは、
考えを模索してるのでは?

さすがに
毎日言ってることが違ったら
ただのアホですけどね。

確かに、
ひとつの意見を貫き通すのは
カッコイイ。

ぶれない自分を持っている。

そんな感じに映る。

でも一年に一回くらいは、
脳ミソの棚卸しでもして、
考え方の仕分けでもしたらいい。

一年前と現在とでは、
間違いなく違う自分なんだから。

違う意見、
違う考え方、
違う価値観になってても、
少しもおかしくない。

それが
成長だと思うんですよね。

それにしても、
男ってのは
ガチガチに意見固めないと
いけない風潮って言うか、
格言みたいなのが多すぎ。

昔と時代は違うんだし、
もっと柔軟に行こうぜぃ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。