企画「中央線ロケハンの旅」スタート

度数の低い酒を量で飲むより、高めのお酒をゆっくりキメる方が、嗜んでる感あるよね。

やっと汗ばんで来る気候になって来ましたね。

そうすると飲みたくなるのが
「泡盛」。

ええ、ビールではありません。

40度以上の古酒をロックで呑むと、
まぁ〜たまらンですよ♪

低い度数の酒をガブガブ呑むのって
あまり飲酒する意味が無いと思うのでやりません。

ビールも飲むなら
クラフトビール。

少々お高いですけど、
度数も高めで、ゆっくり味わえて、風味も格別で
最高じゃないですか。

安酒で酔っ払うのと
純度の高い酒で酔うのは
まったくの別物です。

とりあえず酔っぱらえればいい!なら、
100円くらいのサワーや発泡酒を煽れば充分。

でも、
お酒を堪能したいのなら、
度数の高いお酒をちびちびやる方が愉しい。

別にブランド品の銘酒みたいな
すんごい酒を用意する必要はないし、
予算的にできませんっ

泡盛でも焼酎でもウイスキーでも、
720mlから一升瓶、
2000から3000円くらいを選べば、
意外とコスパはいいし、美味しいお酒も豊富。

ちなみに今呑んでるのはコレ↓

初心者にも飲みやすい口当たりで、
お財布にも優しい。

食事中に呑んだり、
Amazonプライムビデオ見ながら呑んだり、
パソコンの前に向かいながら呑んだり、

気温も相まって、
なかなか手放せそうに無いですね!

発泡酒をケースで買うくらいなら、
泡盛の一升瓶をひとつ置きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。