企画「中央線ロケハンの旅」スタート

ボタン押したらフルコースの料理が出てくるディストピア。

家電製品のなかで、
とりわけ調理家電は「料理」をラクにする。

自分で大根おろすの面倒だから、
フードプロセッサーを使う。

自分で火の加減と時間測るの面倒だから、
炊飯器を使う。

油で揚げるの大変だから、
スチームオーブンを使う。

調理家電は「調理器具」なのだから
時短のためのツールとして役に立つ。

じゃあ、
なんで「時短」をするのか。

忙しいから?
料理する暇がないから?

そもそも…
料理がキライだから?

だったら
冷凍食品か外食をすればいい。

365日、
惣菜や弁当という選択肢だってある。

たしかに
みんながみんな、
「食」に関心があるとは限らない。

手っ取り早く腹が満たせれば
それでいいのかもしれない。

行き着く先は自販機。

※※※※※

テクノロジーの進化の着地点を
自販機にしたら、
オモシロくもなんともない。

テクノロジーの進化は
「調理器具」として進化に使う方が、
料理の楽しさを膨らませる。

ひと言で言えば、
「合羽橋2.0」ってトコかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。