企画「中央線ロケハンの旅」スタート

オールマイティなんて、ただの幻想。「なんでも出来る」は「なにも出来ない」と一緒だよ。

なんでも出来るって、
実は中途半端なんですよね。

最近、パソコンが挙動不審なので
買い替えを検討中なんですが、
iPad Proがあるので
いらんかな〜とも思ったんです。

でもね、
やっぱiPadはタブレットですわ。

オフィスアプリもあるし、
画像編集アプリもあるし、
スペックも高いから、
もはやパソコンの出番はないかなと
考えとったんですよ。

だけど、
機能はやはり制限されてる。

使い勝手も、
パソコンソフトとして作られている方が、
編集作業には向いている。

動的な使い方には「タブレット」
静的な使い方には「パソコン」

初めから
違うアイテムだったんですね。

まさに「餅は餅屋」。

iOSやandroidは
スマホ・タブレットOSとして進化していく。

macOSやWindowsは
パソコンOSとして進化していく。

一時期、
一緒にしようなんて動きもあったけど、
違うコトに気付いたんでしょうね。

適材適所、ということ。

ひとも
「なんでも出来る人」っているけど、
たぶんそいつは
浅く広く中途半端に出来るだけであって、
突き詰めれば
「なんにも出来ない人」なんでしょう。

オマエは何屋だ?

って問われたら、
きっと答えられない。

日本のサラリーマン社会って
「なんでも出来る人」を
育てようとするけど、

それって
「なんにも出来ない人」を
量産してるだけ。

アホかっての。

せめてサラリーマンやるなら
専門職のがいいですね。

さて、
MacBook Proを考えてるんですが、
新型にするか、
1つ前のにするか、
悩みますなぁ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。